理念


身体に生じる痛み、不調、疲労の多くは、日常的に繰り返される微小な負荷の蓄積により生じます。
この小さな負荷は、姿勢、歩き方など身体機能から生じるものと、生活動作、職業動作、スポーツ競技など、ライフスタイルから生じるものがあります。
私たちは、長年、医療機関でリハビリテーション科の理学療法士として勤務してきました。患者様が訴える様々な症状に対し、原因となる身体機能とライフスタイルを的確に評価し、症状の改善と再発予防に努めてきました。
この身体に加わる軽微な負荷を明確に評価するためには、解剖学等の基礎医学、病態医学等の臨床医学に加え、物理学的視点で分析する知識が必要になります。
理学療法士は、厚生労働省認可の医療国家資格であり、医学に対する見識が十分備わっています。また、医療機関で医師と連携して患者治療にあたってきた経緯から、病態に対する知見が深く、また動作に対する専門性の高さから、これらの負担を解決できる唯一の専門職と言えます。
しかし、昨今の医療制度改革の煽りを受け、保険制度下でのリハビリに制限が設けられ、患者様の意志に反するのリハビリ職による継続した治療を受けられなくなっています。
また、医療保険制度は、不調や疲労等の病院を受診する前段階の予防分野には適応されません。
そこで、われわれは、これらリハビリ難民の要望に応えるべく、日数制限・適応制限のある保険制度から離れ、リハビリ専門職による自費の整体院を設立し、個別による継続したリハビリテーション技術をより多くの方々に提供するとともに、リハビリ専門職による新たな健康増進の枠組みを構築していきます。



スタッフ紹介

店舗マネージャー

尾﨑智之

理学療法士

代表

日高由貴子

理学療法士

非常勤スタッフ

青木芳江

理学療法士